ここから始めるリフォーム

  • HOME
  • ここから始めるリフォーム

より良いリフォームのために

1:リフォームの動機を明確にする

リフォーム工事も新築工事同様、家族全員が集まって、お互いの希望や改善点、リフォームによって得られる生活向上などをよく話し合った上で、今一度リフォーム動機を明確にしてください。

特に大型の工事ともなると、リフォームする時期や、期間など家族全員に適した時期を考えましょう。

1:リフォームの動機を明確にする

リフォーム動機の主な内容

老朽化による工事

老朽化によるリフォームの場合は外装やベランダ、床の傷みなど目に見て分るものが一般的ですが、屋根の傷みや壁のひび割れ、水周りの床の傷みなどは放っておくと、後々、雨漏りや木材の腐食による強度不良、白蟻の発生などの2次被害原因になりかねません。

日頃気になる部分も含めて、できるだけ早くご相談も含めてご検討されることをお勧めします。

リフレッシュ工事

クロス張替えや畳の表替えなどはリフレッシュ工事だと言えます。中古住宅購入によるご依頼では、キッチンやお風呂など水回りに集中しています。

工事をご検討の際は、家族構成やライフスタイルもお考えになって、間取りの変更なども含めた工事もお考えになっても良いと思います。

生活の向上による工事

キッチンや浴槽の入替工事など、老朽化とリフレッシュを含めた工事と言えます。今のままでも使えるものだけど、不便や不満のある箇所をリフォームによって改善し、生活を向上させるリフォームです。

ライフスタイルの変化による工事

家族構成の変化や、それぞれの趣味や考え方を尊重した形ことによるリフォームや、福祉介護など必要に応じたバリアフリー化工事が含まれます。

住宅性能向上工事

耐震改修工事や断熱工事がそれに当てはまります。できるだけ資格や専門的な知識のある会社を選んだ方が良い工事です。

緊急工事

主に水道周りの案件が多く、水漏れや鍵の修理など、緊急に対応しなければ生活に支障が出るような工事です。

工事を請け負った会社に連絡するのが基本ですが、工事を急がれる場合は、24時間対応の会社に連絡するもの良いかも知れません。

リフォーム動機の留意点

リフォームは漠然とした考えではなく、「リフォームによってもたらされる効果は何か?」「何に不便を感じ、何を改善したいのか?」「依頼する建築業者が生活向上の提案ができるかどうか?」「リフォーム期間中の生活はどうするのか?(水回りの工事では一時的に食事や入浴ができなくなりますし、工事中は埃や騒音、臭気なども発生いたします)」などをよくご理解いただいた上でご検討していただくことが必要です。

2:リフォーム工事にどれくらいの費用が掛かるの?

例えば単なるキッチンの入替だけだと20~30万程度でも可能です。

既存の浴室をユニットバスに変える工事が70万程度だと思います。ですがそれ以外に追加の工事が必要となることもあります。

例えば、解体してみると、腐食がひどく交換補強が必要な場合や、同時に他の部分もリフレッシュをお考えになることも大いにありえることです。そう考えるともう少し多めの費用をお考えになられた方が良いと思います。

2:リフォーム工事にどれくらいの費用が掛かるの?
ご予算の目安
  • キッチンのリフォームで50万から200万程度
  • 浴槽工事で60万から200万程度
  • 洗面台の入替  5万から
  • トイレの入替  13万から
  • クロス工事25坪で40万

3: 良い見積の依頼方法

一般の方には、工事業者からの見積が高いのか、安いのかを判断するのが難しいのも事実です。工事の見積を相見積もりで依頼する場合は、できるだけ同じ商品仕様、同じ工事内容で依頼してください。お考えになっているリフォームの予算(後日追加工事がありえるので実際の予算より少し低めに)を告げて、その範囲内でできるだけ良い工事提案、後日のお付き合いもきちんとできる信頼できそうな会社が良いです。

4:相見積で金額に差が出る理由

相見積を取ると必ず提示される金額に差が出てくることだと思います。
金額に差が出る理由には四つあります。

一つ目は粗利益率
二つ目は商品の仕入値
三つ目は施工方法
四つめが見積もり記載外工事の有無です。

5:相見積の判断方法

数社の見積の中から判断する場合金額ではまず、粗利率と総額で判断します。住宅設備商品掛け率(提供価格)で判断し、施工費を含めた総額の金額で判断します。

その上で見積した業者からどうしてその金額になったのかの経緯を聞くことも重要です。見積の経緯を聞くことは、施工方法など、どれだけお客様に対して深くリフォーム提案を考えたのかを知る判断になるからです。

6:どのような会社に依頼すれば良いのか

実際の工事現場を見ることができれば良いと思いますが、ホームページや会社案内から会社の工事に対する考え方(リフォーム工事の心構え、コンプライアンス)などが分る会社であることや、実際に工事を行なった方の感想、代表者や工事関係者の顔の見える会社であれば最良でしょう。

また、体制の整った会社は不具合の対応も良く、保証体制もしっかりしていることと思いますが、工事後の対応や保証体制も重要な判断基準として検討されると良いでしょう。

7:コマーシャルと粗利率

ここで、コマーシャルと粗利率の関係について少しお話をしておきたいと思います。

テレビや広告を出している会社は、規模も大きく後々安心なように思われがちますが、実際にそうだとは言い切れないのです。

大きな展開をしている会社ほど、知名度を上げる宣伝広告費にお金を使い、営業経費も掛けています。広告展開をしている会社と相見積に差が出るのはこういった理由が根本にあるからなのです。
ですので、リフォーム会社を選ぶ際には、小さくても実績があり、地域に根差した、お客様のことを親身になって考えてくれる会社の方が良いと思います。

8:施主支給について

インターネットの世界では施主支給という、商品はお客様で買い取り、工事のみを業者に依頼する手法がみられますが、実はこの施主支給品はトラブルが多いのです。

その理由は施主支給品を販売する会社は低価格提供のため、不具合の対応など顧客対応がルーズで疎かな場合が多いからです。

トラブルの原因としては、商品の遅延、商品の手違い、不良品、必要材料の不足、後日の不具合発生対応などです。それらのトラブルにより、安いと思って買ったものが結局高くついてしまうケースもあるのです。

以上の理由からできるだけ施主支給品は避けた方が良いでしょう。インターネットの価格を業者に告げて値段を交渉した方が賢明です。

9:施工中には

住みながらの施工となると、人の出入り、騒音やほこりなど、不便を感じ気疲れもありえます。ですが、完成後には快適な暮らし、素敵に変身することと思いますので施工中は我慢してもらうことが必要です。

その上で、施工業者を最大限に信頼してください。もしも、気になったことや疑問は、早めに担当者に連絡し対応してもらいましょう。現場の職人と友好な関係を築くことにより、より良い家作りができていくと思います。

宮崎から最後に

宮崎から最後に

ここから始めるリフォームとして、宮崎自ら経験したことを中心にお伝えしました。正直言いますと、この文章の長さでは足りない程のことを書き綴ったのですが、省略させて書きました。

リフォームは自社施工、自社管理体制のある信頼できる地元の会社を選ぶことをお勧めします。

掛かり付けのお医者さんを持つのと同じで、家の傷みや不具合が出た場合、直ぐ対応できるのがそのような地元の会社だからです。

家作りは完成した後が本当のお付き合いです。施工中も施工後もより良い関係(インフォームドコンセント)を築いてください。

お問い合わせ·資料請求contact

お問い合わせ·資料請求はお電話かお問い合わせフォームより承っております。
ご質問やご相談などもお気軽にご連絡ください。

TEL 0120-18-7109

【営業時間】9:00~18:30【定休日】不定休

※定休日はHOMEのWHAT’S NEWS をご確認ください

お問い合わせフォーム